体入ってなに?キャバクラ初心者さん安心の体験入店マニュアル

更新日:2018.06.13

はじめに– 体入をはじめたいあなたへ

キャバクラなどナイトワークのお店では「体験入店」のことを略して「体入」と呼んでいます☆

簡単にいうと、働くお店を決める前にお試しでお仕事する、お仕事体験のことです。ちなみに、北海道や名古屋では一体(イチタイ)って呼ばれることが多いようです。

 

ナイトワーク募集の情報を見ただけでは、お仕事に対する疑問や不安が解消されないことも多いのではないでしょうか?そんな時のために「体入」があります!

お店で働いている女の子はどんな子なのか、どんなお客様が来店されるのか、お店のスタッフさんと一緒にお仕事できそうか…等、募集情報だけではわからないリアルなお店の情報を知ることができます☆

実際にお店で働くことで、お店の雰囲気を体感することもできるし、働いたその日にお給料をもらえちゃうのはとっても嬉しいですよね❤

お店側からしても女の子の実際のお仕事ぶりを見れるので、お仕事に対する評価がしやすくなります。

体入の時からお客様にドリンクをご馳走してもらったり、場内指名(指名無しで入ってきた新規のお客さんが、店内で気に入ったキャバクラ嬢を見つけて指名すること)をもらうと、本入店の時に時給がUPすることも!!

 

だからこそキャバクラやナイトワークのお店選びに「体入」はとっても大切なことなんです♪

体入するときの持ち物9つ

身分証

キャバクラ体入の持ち物である身分証のイラスト

キャバクラなどナイトワークのお店で働ける年齢は18歳以上と法律で決まっています。

そこで、体入に来てくれた女の子が18歳以上なのかを確認するために、お店は身分証チェックして年齢確認をしています。身分証というのは、免許証や保険証、パスポートなど、公的に自分の身分を証明できる書類のこと。体入する時には忘れずに持って行ってくださいね!

ただし、18歳以上であっても高校生や専門学校生の人は、お店の側から働くことを断られる場合が多いため注意してください!

ドレス

キャバクラ体入の持ち物であるドレスのイラスト

多くの店舗ではドレスの貸し出しをしているので、手ぶらで体入をしに行ってもOK!

ただし、自分のサイズにピッタリ合うドレスが無い場合もあるので、1着ぐらいはお仕事用のワンピやドレスを持っていた方がいいかもしれませんよ❤

ヌーブラ

キャバクラ体入の持ち物であるヌーブラのイラスト

女らしさの魅力をアピールする最大の武器といえば、デコルテから胸元を綺麗に見せること☆

こんな時の味方アイテムといえばヌーブラです!下着を見せずに胸が盛れることでも人気のマストアイテムなんです♪

ヌーブラは下着屋さんや水着のショップ、通販などで購入することができます。

ヒール

キャバクラ体入の持ち物であるヒールのイラスト

どれだけドレスが良くても、足元がおブスであれば魅力はマイナスに!

スタイルをキレイに見せるためにもヒールは必須です。貸し出ししているお店もありますが、サイズが合わない場合があるので持参するのがおすすめ!

ポーチ

キャバクラ体入の持ち物であるポーチのイラスト

お客様のタバコの火をつける用のライターや、ハンカチ等もお仕事で必要なアイテム。そんな細かいものを入れて持ち歩けるポーチがあると便利です!

メイク直し用のアイテムも入れているとグッド♪

筆記用具

キャバクラ体入の持ち物である筆記用具のイラスト

体入の時、本入店時と同じようにもお客様に名刺を渡すことがあります。

ただ、体入の時にはお店の名前が入っているだけの空名刺をお店から渡されるので、それに自分の名前等を書く必要があります♪ こんな時のためにCUTEなボールペンを1本持参しておきましょう❤

名刺入れ

キャバクラ体入の持ち物である名刺入れのイラスト

体入の時にはお店からもらった空名刺を自分の名刺がわりに使うので、名刺入れを持って置くと便利!

お客様についておらず、空いている時間があれば、空名刺に自分の名前を書いて、名刺入れにいれておくと良いですよ!名刺入れがあればお客様へ名刺を渡す時にもとってもスムーズ♪

名刺を渡す際に、連絡先を書いてあげれば好印象になるはずです☆

ハンカチ

キャバクラ体入の持ち物であるハンカチのイラスト

お客様が飲むグラスに付いた水滴を拭いてあげるためにも、ハンカチは必要なアイテムです。

お店によってタオル素材のハンカチがNGの場合があるので、タオル地以外のハンカチを持参するのがおすすめです!

ライター

キャバクラ体入の持ち物であるライターのイラスト

お客様のタバコに火をつけるため必要な必須アイテム。

お店で貸してくれますが、ライターのオイルが無かったり、火が付きにくいこともあるので、使いやすいライターを1つ持って行くのがおすすめです!

テーブルマナーについて

おしぼりについて

キャバクラにおけるおしぼりのマナー

ナイトワークで特徴的なマナーがこの「おしぼり」。知ってしまえば簡単なマナーだけど、気を遣うことが多いのがこのおしぼりのマナーです。これから紹介する最低限のポイントだけはおさえておくのがおすすめです!

1)お客様が来店したら、お店のスタッフ(ボーイ)からおしぼりをもらってお客様へ渡しましょう。

2)お客様がお手洗いに立ち、戻ってくる際には新しいおしぼりを準備しておきましょう。

3)お客様が飲みやすいようにグラスの水滴はタイミング良くおしぼりで拭きとりましょう。

4)おしぼりは常に綺麗にたたんでおくのがマスト!

タバコについて

キャバクラにおけるタバコのマナー

キャバクラに来店されるお客様にはタバコを吸う人も非常に多いです。もしタバコを吸うお客様の横に座った場合には、下記のポイントを忘れないでね!

1)お客様がタバコを吸うしぐさを見せたら火をつけてあげましょう。自分の手元で火をつけて、お客様が火傷しないように反対の手を添えてからお客様のタバコに火をつけてあげるのがスマートです。

2)タバコが1~2本ほど灰皿にたまったら、灰皿取り替えのサインです。

3)アナタがどうしてもタバコを吸いたくなってしまったのならば、お客様にOKをもらってから吸いましょう。(キャバクラでは指名をもらわないと吸えないお店も結構あるので事前に確認しておくとスムーズです♪)

お酒について

キャバクラにおけるお酒のマナー

お客様にお酒を出す時に、知っておくと良い知識5つを紹介します!

1)お酒を作る時は左回りにマドラーで混ぜます。右回りだと帰りを催促しちゃう意味になってしまいます。

2)お酒をつぐときや、お酒を作る時には、お酒のラベルをお客様に見せえるようにしましょう。

3)自分に近い位置にボトルセットを置き、いつでもお酒を作れるようにしておくとグッド!

4)乾杯の時は両手でグラスを持ち、お客様のグラスより低い位置で乾杯しましょう。

5)お客様のお酒がなくなる前に、次のお飲み物をどうするか声をかけてあげてくださいね。

ヘルプのルール

キャバ嬢とお客さん

ヘルプとは、他の女の子が複数のお客様から指名を受けて元々のお客様の席から移動することになります。指名された女の子の代わりに、お客さんの相手をつとめることです。

キャバクラにおいては、ヘルプとしてお客様のテーブルにつく時はあくまでも、お客様が指名をする女の子のサポートをすることがお仕事です。ヘルプでついているにも関わらず、そのお客様にベタベタしたり、次は自分を指名してくれるように頼んだり(指名を奪ったり)することは絶対にNGです!他にも、名刺を渡したり、自分が飲むドリンクを頼んだり、お客様へ必要以上なスキンシップは控えるのがマナーです。

「ヘルプ」や「指名」といった用語を解説したキャバクラ用語集も用意しています!ナイトワークのルールや用語を知るためにも、ぜひこちらを参考にしてみてください♪

キャバクラ体入初心者必見!キャバクラ用語集


体入から入店までの流れ

キャバクラ求人への応募から本入までの流れ

①応募

まずは体入を募集しているお店をチェックしてみましょう!気になるお店を決めたらさっそく応募してみてね♪電話での応募でも良いですが、WEBサイトの応募フォームからの応募であればラクチンだからおすすめです!

面接

ほとんどのお店が体入希望日に面接を行います。なぜ面接をするかというと、これからお店で働いていける女の子なのか、お店の雰囲気と合うのかどうかなどを判断するためです。面接でOKが出れば、さっそくその日に体入スタートです♪

③体入終了後・・・本入or体入or不合格

体入が終った後に「次回の出勤に関してはお店から連絡します」のようなことを言われてしまった場合、不合格の場合があるかもしれません。ただ、「次回はいつ出勤してくれる?」のようなことを聞かれたら、本入店OKのサインです♪

 

エリア別での体入時給の比較

あらゆるところにあるナイトスポット☆彡どのエリアでも常にナイトワークの募集をしているのを多く見かけます!

どうせ体入するなら、少しでも時給の高いエリアで働きたいですよね。

キャバクラ・ナイトワーク求人を選ぶにあたって、体入をするエリアによって時給が違ってくることを事前に知っておくことで、より自分にとって有意義に体入することができます!

キャバクラ体入の平均時給が最も高い千葉県

首都圏エリアでいえば、時給が一番高いエリアは”東京都”のイメージが強いのではないでしょうか。ですが実は、平均時給がTOPクラスなのは”千葉県”なんです! 千葉県に次いで高いのが東京都で、その後、神奈川、埼玉県と続きます。

いずれにしろ、、首都圏以外の地域と比較すると時給が高めなのが特徴です。

関東エリアでいうと、その他の栃木県、茨城県、群馬県はさほど差がないのも特徴です。ただ、一都三県と他エリアの平均時給を比較した場合には、金額に大きな差が開いていることがわかるかと思います。

この様に各エリアで平均時給に差があるので、体入をするお店のエリア選びの参考にしてみてくださいね♪

面接・体入時に交通費負担やお祝い金がもらえる場合も!

キャバクラ体入求人にお祝い金やボーナスがあると聞いて喜ぶ女性

お祝い金

体入が終了し本入店が決定した際に、お祝い金としてお店からボーナスがもらえることもあります☆ お祝い金の金額は店舗によって違いますが、このような待遇があると、「お仕事がんばろっ!」とモチベーションがあがりますよね♪

 

面接ボーナス

忙しい女の子の時間を割いて面接に来てくれてありがとう☆の気持ちを込めたボーナスです!このボーナスは、面接の後に体入や本入店まで決まった場合にもらえることが多いみたいです♪

 

交通費全額負担等

一般的なキャバクラではお店へ行く際の交通費は女の子負担です。しかし、お店によっては交通費を全額負担してくれることもあります♪

このようなお店は募集情報にも明記されているので、どのお店に体入をするか迷っている際には、参考にしてみるといいですよ☆



本入するかを見極めるコツ

接客中のチェックポイント

キャバクラ体入をして本入するか迷っている女性

女の子をサポートしてくれるスタッフがいると◎

お客様への接客中に、お店のスタッフがどのように働いているかチェックしてみてください!お店で働いている女の子をサポートしてくれるような、頼れるスタッフがいるお店であれば安心して働いて◎

 

待機中のチェックポイント

お店を広々とチェックできるチャンスが待機中のタイミングです!お店で働く女の子はどのようにお仕事しているのか、女の子同士の関係性はどうか等、自分にピッタリのお店なのか観察できる絶好のタイミングです!

 

お店を見極めるコツ

お店とお客さんが会計でもめてないか

キャバクラの会計に文句を言うお客さん

正当なサービス料金をお客様に請求した際にお客様が拒んだ場合は、お客様に問題ありですよね。しかし、あいまいな会計をしていたり、お金関係のことでお客様と頻繁にトラブルがあるようなお店では、働くことを控えた方がいいかもしれません。

必要以上にお給料が引かれてないか

給料明細を見て驚いているキャバ嬢

お仕事する時に約束したこと以上に、お給料からマイナスされていないか確認しましょう!

例えば、「ノルマが無い」「送り無料」「ドレスの無料貸し出し」という約束なのに必要以上にお給料からマイナスされる項目が多いお店は、避けた方がいいですね!

体入で気をつけるべきポイント

マイナンバーで副業が会社にバレちゃう!?内緒で働く方法とは

会社に内緒でナイトワークをする女性

副業としてナイトワークで働いている方であれば、本業の会社に副業がバレないように気を付けているはずですよね!ただ、とっても厄介なことに、マイナンバーのおかげで副業が知られてしまうこともあるのです!

なぜマイナンバーのせいでバレてしまうのか仕組みを説明します。普通に会社に勤めている方は、会社のお給料から住民税を天引きしてもらっていると思います。税務署から本業である会社へは、あなたの「住民税」の通知がいきます。この住民税は収入に比例して増額するものなので、以前より住民税が上がってしまった場合、「あれ、この子はどうしてこんなに住民税が高いの!?」と、副業がバレるきっかけとなってしまうのです。

では、本業に内緒にしておく方法はあるのでしょうか?それは、

住民税を給与天引きから、自分自身で支払うようにするだけです!

「自分で支払いなんてめんどくさそう・・・」と一見思うかもしれませんが、じつは簡単な手続きだけで済んでしまうのです♪

それは、確定申告という手続きです。

確定申告とは?副業・専業ナイトワークをする人は必要!

ナイトワークにおける確定申告

確定申告とは、簡単に言うと、その1年間に払わなければいけない税金はいくらなのかを確定させるために税務署へ収入や経費を申告することです。普段会社で納めている分とはまた別に、税金を支払わなくてはいけない場合もあります。しかし、確定申告をすることで、多く支払っていた税金が返ってくることがほとんどです。

また、副業ではなくナイトワーク1本で働く場合には、確定申告は原則マストです!

まとめ

キャバクラやクラブなどナイトワークのお店を探している女の子も、募集をしているお店も、お互いが納得した上で働いてもらうために、あらかじめ体入をすることはとっても重要なんです!

体入した際には、お店のキャストやスタッフと一緒に働いていけそうか、お客さんの雰囲気は自分に合っているか、などをしっかり見ておきましょう(^^♪